認知症ケアにおすすめのサプリメント成分を調査

成分から知る認知症サプリメントガイド

認知症をケアするサプリメントに含まれる成分とは

「認知症を予防したい人」「認知症患者がいる家族」のみなさまのために、いま注目されている成分と、それらが配合されているサプリメントを調べてみました。今回リサーチした成分は、どれも認知症の予防や進行防止に効果が期待できるものばかりです。

もちろん医学的データや根拠があるものなので、まずは成分一覧をチェックしてみてください。

成分&おすすめサプリメント一覧

認知症への効果が期待できる成分5つをピックアップしました。一番上から確認していきましょう。

(1)水素

認知症をケアするサプリメントに含まれる成分「水素」水素には、活性酸素という体内の細胞を酸化・老化させてしまう成分のうち、悪性活性酸素(ヒドロキシラジカル)を選択的に除去するという働きがあります。活性酸素によって脳の脂質が酸化されてできる老人斑が、多くの認知症患者に確認されています。

認知症の患者45人に対して、2年間一定量の水素を与え続けたところ、症状の度合いが軽減されたという報告があり、認知症の進行を防止・遅らせる効果が期待できます。

水素の研究は盛んに行われていて、日本医科大学の太田教授は「動物実験では水素によって認知症の予防に成功した」という内容の論文を発表しています。この研究は、NHKや新聞で大きく取り上げられました。

また、九州大学とパナソニック電工の研究グループは「水素を取り入れると脳の細胞を壊す原因の活性酸素が減る」という発見をして、アメリカの科学誌プロスワンに論文が掲載されています。

オススメの水素サプリ「元気な水素プラス」※お試し2,160円(税込)

すでに販売実績のある「元気な水素」が、より水素を体感しやすくするために、「元気な水素プラス」にリニューアルしました。水素発生量が強力で、より瞬発力がある「マイクロクラスター水素」を採用。この水素が一気に大量のマイナス水素イオンを発生させ、身体の隅々の細胞まで行き渡ります。サンゴカルシウム水素が体にとどまることで、じっくりと長時間マイナス水素イオンを発生。2種類の水素パウダーをブレンドしている水素サプリは他ありません。長時間マイナス水素イオンを発生させることで、体に負担をかけることなく、活性酸素を除去し続けることができます。

元気な水素の商品情報へ
水素のことをもっと詳しく≫

(2)オメガ脂肪酸

認知症をケアするサプリメントに含まれる成分「オメガ脂肪酸」オメガ脂肪酸とは、ARA(アラキドン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの総称です。

脳の中で記憶力や学習力などをつかさどる海馬(かいば)という部位には、ARAとDHAが多く含まれていますが、加齢とともにその量が減少していくことが知られています。

オススメのプラズマローゲンサプリ「オメガエイド」※6,480円(税込)

サントリーが手掛けるARA、DHA、EPAをバランスよく配合したサプリメント。酸化しやすいオメガ脂肪酸をこわさないために、鮭やイクラなどに含まれるアスタキサンチンという成分を配合し、酸化を防ぐ工夫もなされています。

オメガエイドの商品情報
オメガ脂肪酸のことをもっと詳しく≫

(3)ジオスゲニン

認知症をケアするサプリメントに含まれる成分「ジオスゲニン」成分の名称だけを見るとあまり馴染みがありませんが、その原料は私たちにとって身近な食材である山芋になります。山芋は滋養強壮やスタミナ、体力の向上などに効果があるとされてきました。

ジオスゲニンという成分に、脳の若返りに効果があることが富山大学の研究チームによって発表され、NHKや大手全国紙などで取り上げられました。

オススメのジオスゲニンサプリ「ジオフェルンZ」※6,480円(税込)

山芋のなかでも栄養価が高いとされる、自然薯1kg分に含まれているのと同等のジオスゲニンを配合。さらにポリフェノールの一種であるレスベラトロールやイチョウ葉エキス、亜鉛、ビタミンDなど認知症に効果が期待できる成分もバランスよく配合されています。

ジオフェルンZの商品情報
ジオスゲニンのことをもっと詳しく≫

(4)プラズマローゲン

脳細胞や神経細胞をコントロールする重要な役割を担っていて、アルツハイマー患者の脳や血中でプラズマローゲンが低下しているとの研究が発表されています。このことから、プラズマローゲンを補給することがアルツハイマー型認知症の予防になるとの期待が高まっています。

オススメのプラズマローゲンサプリ「高純度プラズマローゲン」※13,370円(税込)

2007年に六本木に開業した、東京ミッドタウンメディカルセンターの医師監修のもとで製品化されました。鶏の胸肉から抽出された、高純度のプラズマローゲンを0.5mg配合。胃で溶けにくく腸で溶けやすいという工夫もなされており、胃酸による効果の低減も防止されています。

高純度プラズマローゲンの商品情報
プラズマローゲンのことをもっと詳しく≫

(5)ビタミンB12

末梢神経障害や貧血、眼精疲労などの治療に用いられてきましたが、認知症の症状への効果も注目されています。例えば認知症患者の血中ビタミンB12は、通常の人より少ないというデータがあり、いわゆるボケ症状などの精神障害が軽減されるという結果が出ています。脳細胞が萎縮してしまうアルツハイマー型認知症においても、ビタミンB12は脳細胞を生成するためのタンパク合成・核酸合成を促進する働きがあり、発症したときの治療的効果に期待がもてます。

オススメのビタミンB12サプリ「リブラ」※10,368円(税込)

1包3gあたりビタミンB12を1,500マイクログラム含有していて、B1・B2・B6・葉酸・イチョウ葉エキスなどの優れた有効成分や機能性食品が配合されています。これらの成分が本来もつ働きはもちろん、ビタミンB12が効果的に働くよう、相乗効果を考えて配合しているそうです。

リブラの商品情報
ビタミンB12のことをもっと詳しく≫

※免責事項…私が調べた成分は、なんらかの医学的データ・根拠が確認できたものに限定しています。ですが、認知症患者の人がサプリメントをとりいれる際は、必ずかかりつけの医師に相談してください。また、サイトの内容は独自リサーチによるものですので、気になることがありましたら直接問い合わせてみてください。

【特集】いま一番注目されているのは「水素」

大学などでも、水素を用いた認知症改善に期待が寄せられています。マウスを使った動物実験で、水素に認知症改善の効果があることや、患者45人に対して2年間一定量の水素を与え続けたところ、症状の度合いが軽減されたという報告もなされています。つまり、予防および症状の進行防止の双方に、水素の効果が期待できるのです。

動物実験では認知症の予防に水素が作用したというニュースは、NHKや大手新聞でも取り上げられていたので、知っている人も多いかもしれません。

元気な水素の商品画像こうした水素を成分としたサプリで、今回一番オススメできるのはタカイ医科工業が製造・販売する「元気な水素プラス」です。

大きな特徴は、持久力の高い「サンゴカルシウムの水素」と、水素発生量が多く瞬発力のある「マイクロクラスター水素」の両方を配合している点。2つの性質の水素を組み合わせることで、服用後に素早く効果を実感できます。さらに1日中水素を体内で発生させ、活性酸素を除去し続けるという1粒で2種類の効果を得ることができます

製造・販売元であるタカイ医科工業は、1967年創業の50年近い歴史をもつ医療機器の専門商社です。同社は内視鏡を使った結石治療をいち早く海外から導入したパイオニアとしても知られています。水素サプリも長く期間販売をしている実績なども併せると、信頼度や安心面がかなり高いといえるでしょう。

なお、水素サプリメントは継続して飲み続けることが大事なことを覚えておいてください。最低でも1ヶ月程度は飲み続けないと、その効果は実感できないものです。サプリメントの販売元は、お得な定期コースなどを用意しています。こうしたメリットは存分に活かすべきしょう。

≪2,160円で試せる元気な水素プラスはこちら≫

サプリの活用でついやってしまいがちなのが飲み忘れです。もちろんタイミングや摂取量などは、説明書などの指定に従うべきですが、例えば1日3回であれば毎食後、1日2回であれば起床後と就寝前といった具合に、生活サイクルのなかで忘れにくいタイミングで服用することを習慣づけるのが賢明です。

認知症ケアにおすすめのサプリメント成分を調査